先頭に戻る

コンサルタントコラム

柿原 裕美

2018.11.04
ニーサ(NISA)のおさらい②


2014年1月にスタートしたNISA。
今年2018年12月に2014年NISAの非課税期間5年が終了します。

非課税期間終了時に保有している金融商品をどうするか、
次の3つの選択肢から選ばなければいけません。

①翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバー)

②課税口座(一般口座や特定口座)に移す

③売却する


「②課税口座(一般口座や特定口座)に移す」を選択した場合の注意点を考えてみましょう。

この場合、その時点で保有資産が値上がりしているのか値下がりしているのかで、
その後に課税口座に移した金融商品を売却する際に支払う税金に差が出てきます。


例えば、NISA口座で投資信託を100万円購入し、5年の非課税期間終了時に150万円に値上がりしていたとします。

この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は150万円に変更されます。

その後、150万円から170万円に値上がりし売却した場合は、利益の20万円(170万円-150万円)に課税されます。

150万円から110万円に値下がりし売却した場合は、利益がないので税金はかかりません。

最初から課税口座で購入し売却した場合と比較すると、税金は少なく済みます。


注意が必要なのは、非課税期間終了時に保有資産が値下がりしていた場合です。

例えば、NISA口座で投資信託を100万円で購入し、5年の非課税期間終了時に70万円に値下がりしていたとします。

この時点でNISA口座から課税口座へ移す場合、取得価格は70万円に変更されます。

その後、70万円から120万円に値上がりし売却した場合は、利益の50万円(120万円-70万円)に課税されます。

70万円から100万円に値上がりし売却した場合にも、利益の30万円(100万円-70万円)に課税されます。

最初から課税口座で購入し売却した場合と比較すると、税金は多くなってしまいます。


さて、「②課税口座(一般口座や特定口座)に移す」を選択しますか?

【前ページに戻る】